”FUJI”BRAND Liquid Gold 日本金液株式会社

お問い合わせ English



金彩の話

 金についての豆知識や、上絵付けに使用する金液の種類や特徴及び使用方法など
 についてご紹介いたします。

 事業内容  

      
 1、 金とは
   
 2、 絵付けに使う金の種類と特徴
  
 3、 金液の使い方
  
 4、 金粉の使い方
  
 5、 焼成について
  
 6、 金液使用上の注意と安全性
  
 7、 金盛りについて
  


 事業内容  

1、金とは
  • 化学的に極めて安定で、空気、水、硫黄などに侵されない(酸化、還元しないので変化しない)金属元素である。
  • 展性・延性に富み、線状に延ばすと、1グラムの金で約3000メートルになり、広げると0.5平方メートルにもなる。
2、絵付けに使う金の種類と特徴
  • 金液(水金)
    金を王水(塩酸:硝酸=3:1
    の混合液)に溶かし、オレンジ色の塩化金酸を作る。塩化金酸と樹脂とを反応させて金レジネート(金液の元)を作り、これに付着剤(ビスマス)や表面剤(ロジウム)などの有機金属化合物を加えて金液を作る。
    • ブライト金
      金と樹脂の化合物で金粉が含まれないタイプ。焼成後は光沢のある金被膜が得られる。沈殿するものがないので、撹拌しなくても使用可能。
    • マット金
      金と樹脂の化合物に金粉を加えたもの。金の色調の違いは銀粉を加えて調整される。銀の成分が無いと赤味となり、多くなるほど青味の色調が得られる(黒マット金は混ぜる金粉が黒色をしているため、普通のマット金より粒子が細かい)。マット金は金粉が沈殿するので、使用前によく撹拌をする。撹拌しないと上澄み液だけを塗ることになり、ブライト金のように光沢が出ることになる。金粉は球状なので、焼成面に凹凸ができ、くもった感じに焼けるが磨くと上品な深みのある金色の肌になる。
    • ハーフマット金
      マット金の約半分程度の金粉が含まれ、含金率もマット金より低いので、焼成後に磨かなくてもマット状の輝きが出る。軽く磨くと輝きは増すが、磨きすぎると剥がれてしまうので注意を要する。
    • フレークタイプマット金
      金箔をすりつぶしてフレーク状(鱗片状)に加工した金粉を加えたマット金で、金箔粉自体もキラキラと光を反射する為、、焼成後磨かなくても上品なマット状金色を得る事が出来る。磨きにくい形状の作品の金彩に向いている。磨かないので塗りムラを防ぐため少し固めで、粘り気が強目に作られている。作品の形状や塗る面積に合わせて速乾性又は遅乾性の金油で希釈して使用するのが好ましい。

  • 金粉
    文字通り金の粒状のものであるが、製造方法により次の二種類がある。   
    • 化学的処理(一般的な金粉)
      金塊を一度酸や樹脂を混ぜて溶解し、その後化学的に還元させて細かい粒状として沈殿させる。その後金粉を濾過して取り出す。  
    • 物理的処理(フレーク金粉)
      金箔をすり鉢状の器に入れ、樹脂及び溶剤と共に撹拌棒で長時間擂り潰し、フレーク状の微粒子粉末に加工する。その後洗浄して粉末を取り出す。

  • 金箔
    金を箔状に延ばしたもの。一般的な金箔は厚みが0.1ミクロンである。絵付けなどに使用する場合、金箔では薄すぎて燃えてしまう場合があるので、厚箔(0.4ミクロン前後)または上澄み(0.7ミクロン)という金箔を使用するのが好ましい。



3、金液の使い方
  • 塗り方
    まず金液の入ったビンを、溶剤と沈殿物がよく混ざり合うように振り、金猪口などのガラスか陶器の小さな器に入れる。描く内容に合わせて金油で濃度を調整しながら塗布する。金液は厚く塗りすぎると剥がれやちぢみの原因になり、逆に薄すぎると綺麗な金に発色しないので出来るだけ均一の厚みにする。また一度塗って乾燥してしまってから二度塗りをすると、二度目に塗った金液に含まれる溶剤が下の金液を溶かしてしまうので、薄い部分があれば、乾く前に静かに置くような感覚で薄く塗り足しておく。
  • 薄め方
    薄める時はなるべく同じメーカーの金油を使う(金油は金液に含まれる溶剤に極めて似た成分で出来ている)。加える金油は金液の5%位を目安としよく混ぜること。また瓶に残った金液の溶剤が蒸発して粘り気が強くなってきた場合は、さらに新しい金液を加えるのではなく、金油を加えよく混ぜておくとよい。
  • 保存の仕方
    使い残しの金液は元の瓶には戻さず、別の蓋付きの容器に移し、金油を少量加えてよく振り冷暗所に保存しておくとよい。冷蔵庫での保存は、金液を冷蔵庫から出して使用する際、外気温との差で結露し瓶の中にも細かい水滴がつくので好ましくない。
    筆の保存は、細長い瓶に金油を少量入れ、筆の柄に布をぐるぐる巻きつけたもので栓をする方法が一般的である。(金油に筆先をつけないようにする。金油から蒸発する溶剤で筆が乾いてしまう事はない。)
  • その他
    金液は湿気に弱いので湿気が多い時は、除湿器やエアコンを使用すると良い。又、不純物を嫌うのでホコリが入らないように注意し、金彩を施したものを乾燥する時もホコリがつかない所に置いておく事。湿気やホコリは、焼成後の金被膜のピンホールなどの原因となる。
4 金粉の使い方
  • 金粉にフラックスを少量混ぜてオイル(とき油とバルサム)で溶き、筆描きをする。
    広い面積やボカシをする時はスポンジにつけて陶磁器面を軽くたたくように(パッディング)すると良い。(金液でボカシをすると薄いところが紫っぽく変色する。)
    また、フラックスをオイル溶きしたものを陶磁器面に塗っておき、その上から金粉をブラシと金網を使ってまぶす様に付着させる方法もある。 
5、焼成について
  • 金液などを塗り終わったらまず乾燥させる事。指で触っても付かなくなる程度まで乾燥したら窯に入れる。
  • 焼成する時は炉内の酸素の流通を良くするために、400〜450℃になるまで蓋を必ず少し開けておく事(2〜3センチくらい)。これは金液中の樹脂が燃えてガスが発生し炉内が酸素不足になる為で、換気をして酸素を供給しないと綺麗に焼きあがらない。
  • 十分に付着性を持たせるためには、最高到達温度で5〜10分程度保持し、ゆっくりと冷却する。
  • 焼成温度

    ・白磁などに直接金彩をした場合
磁器・ニューボン 750〜850℃ 800℃が一般的
陶器・ボーンチャイナ 700〜750℃ あまり高温で焼くと金被膜にヒビが入る

・ガラスに直接金彩した場合           
ソーダガラス 550〜600℃
クリスタルガラス 500〜530℃
硼素珪酸ガラス 600〜650℃
   
・絵具を焼き付けた上に金彩をした場合
   
絵付けの絵具がゆるむと金にヒビが入りやすくなるので、絵具を焼成した時より50〜100℃位低く焼成する。
エナメルや金下盛をした場合も同様に、その時の焼成温度よりも低くしないと下のものが温度でゆるみ、その上の金が溶けて冷える動きについていけない為、亀裂が入ることになる。金を盛り足して再焼成する場合も少し(20℃程度)温度を下げて焼成すると良い。
金は3、4回重ね塗りすると剥がれやすくなるので、何度も焼成を重ねるのは良くない。
6、金液使用上の注意と安全性
  • 金液の溶剤には吸いすぎると有害な薬品が含まれているので、換気にはくれぐれも気を付けて作業して下さい。金液の使用中に気分が悪くなった場合は、使用を中止し、空気の清浄な場所で安静にし、必要に応じて医師の診察を受けて下さい。
  • 皮膚に接触すると、皮膚に刺激を与え過敏症が起きる可能性があるので十分に注意して下さい。もし付着してしまった場合は、多量の石鹸水で洗い落として下さい。痛みや外観に変化がある場合には、医師の診察を受けて下さい。
  • 目に入った場合は、直ちに多量の水で洗い、出来るだけ早く医師の診察を受けて下さい。
  • 誤って飲み込んだ場合は、出来るだけ早く医師の診察を受けて下さい。
7、金盛りについて
  • 金盛りとは、磁器面に点やレリーフの立体的な盛り上げの下地を作り、焼成後に金液や上絵の具を彩色する方法である。
    金盛りにも粉末のもの、ペースト状に練りあげられたものがあり、焼成温度によって中金盛り、上金盛りに分けられる。
    いずれの場合も、盛り上げは厚みをつけるので、溶剤を加えて柔らかくし過ぎない事。また十分に乾燥してから焼成すること。
    • ペーストエナメル
      あらかじめ溶剤を加えてペースト状になっているので使いやすい。板ガラスやタイルなどにとり、よく練りあげてから使用する。(硬すぎる場合はエナメルシンナーもしくは油性メジウムを少量加える。但し、ある程度の固さは必要なので加えすぎない事)
      焼成温度は720〜750℃で、金彩を加えて再焼成は670〜700℃位
    • 透明盛り(エナメル)
      粉末状なので、メジウムで固めに練りあげて使用。焼成温度は780〜820℃。金彩を加えた再焼成は700℃程度で、上絵の具をのせる場合は750℃で再焼成する。
    • 巾金盛り
      粉末状なので、メジウムで固めに練りあげて使用。焼成温度は700〜750℃。金彩を加えた再焼成は670〜700℃位。
    • 金下マット・(上)金盛り
      いずれも粉末状なので、メジウムで練って使用。金下マットを均等に薄く塗って乾かした上に、金盛りで盛り上げたレリーフを施し780〜800℃で焼成後、ブライト金を塗って670〜700℃位で再焼成するとエッチング(くさらし)風の仕上がりになる。マット金の下地として金盛りのみの使用も出来る。







Copyright © 2006-2014 NIPPON KIN-EKI Co.,Ltd. all rights reserved.

日本金液株式会社 〒486-0953 愛知県春日井市御幸町1-3-2